キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

今日の様子

火曜ロードショー第2幕「トレジャーハンター」/みんなでHIP HOPダンス!

火曜日の夜は“The Treasure Hunter”(トレジャーハンター)物語

生徒さん達のキャラクターを考えて、台詞付けをしたオリジナルストーリーの”The Treasure Hunter”(トレジャーハンター)と言う物語です。

Narrator: Kelly and Lisa are walking through the park on a nice Saturday afternoon.

(ナレーター:気持ちの良い土曜の午後に、ケリーとリサが公園を歩いています)
Lisa: The weather is so nice today!

(リサ:すごく良い天気だね!)
Kelly: I know!!! It`s perfect for walking in the park. I wish my boyfriend was here too.

(ケリー:ホント!公園を散歩するには最高の日だね。カレシも一緒だったら良かったのに)
Lisa: Hey, isn`t that him over there??

(リサ:ねえ。あれってカレじゃない?)
Boyfriend: Hey babe, What`s happening?
(カレシ:ヘイ!、何してるんだい?)
Kelly: Hey! I was just talking about you! What are you doing?
(エリー:ちょっと!今、ちょうどあなたの事を話してたのよ!何してるの?)
Boyfriend: I`m just relaxing babe. See you later. (walks off stage)
(カレシ:ただリラックスしてるんだよ!じゃあ、またね。)※歩き去ってしまう
Kelly: Isn`t he nice!
(ケリー:カレ、かっこいいでしょ?)
Lisa: Yeah he seems really cool…..Hey, What`s that on the ground over there?

(リサ:うん・・・素敵・・・ね。ん?何かあそこに落ちてない?)
Kelly: It looks like a treasure map!!!! Awesome!!!
(ケリー:あれってば、宝の地図じゃない?ステキ!!)
Lisa: Let`s go to my house and look at it.
(リサ:私の家で見てみない?)

s__34816002

前回のレッスンから、練習を開始して2度目のチャレンジでした。
みんな、お家で練習して来たのかな?
自分の台詞を覚えて、しかも感情の強弱を付けてしっかりと「演技」をしている生徒さんも数名いました。

感情の強弱を付けて普段は言わないようなセリフをスラスラと、可能であれば暗記をして発言します。
先週は恥ずかったのか、声が小さかった生徒さんも、今日はスクール中に聞こえる大きな声で台詞を言えました。

歌を歌って、踊って、工作をして、読み聞かせをして、掃除をして・・・

今日も、いろいろな内容のアクティビティが次から次に登場しました。

s__2318342

♪Hey, Mike.♪(ヘイ、マイク)
♪Hey, what?♪(ヘイ、なに?)
♪「D.」「O.」「W.」「N.」♪(ディー・オー・ダブリュー・エヌ)
♪That’s the way we get down.♪(それが私たちがGet downするやり方さ)

“Get down”とは、英語の言い回しで「踊る」と言う表現です。
ヒップホップのリズムを付けて踊って欲しい人を指名して”Hey ~.” “Hey, what?”の掛け合いから、実際に踊って見せる流れに持って行きます。

s__34816003

スクール中にみんなの歌い声が響き、楽しいダンスが繰り広げられていました。
きっと、思い出してお家でも歌っちゃうね。

コメント

この記事へのコメントはありません。