キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

日曜日になったら、渡してね。特別なカード作り体験

今日は、4月から通ってくれていた生徒さんのアメリカにお引越し前の最後のレッスンでした。

最初は新しい環境に慣れずに泣きながらレッスンをしていましたが、先生達や他の生徒さん達と仲良しになってからはいつも笑顔で楽しく参加をしてくれていました。

会えなくなってしまうのがとても寂しいですが、アメリカでの新しい生活を応援しています!

“Do you know when father’s day is?”(父の日っていつか知ってる?)

“Do you know what father’s day is?”(父の日って何か知ってる?)

“Father’s day is coming up this Sunday.”(今度の日曜日は父の日だよ)

“Let’s make a nice card to give your father.”(お父さんにあげるカードを作ろう)

先生からの提案で、日曜日の父の日にお父さんにあげるカードを作りました。

S__21028877

“What do you want to say to your father?”(お父さんに何て伝えたい?)

“Thank you? I love you?”(ありがとう?大好きだよ?)

自分の手の形に切り取った色紙に、それぞれが思い思いのお父さんへの感謝の気持ちを書きました。

“Put your card in your bag.”(カバンの中にしまっておいて)

“Don’t give that to your father until Sunday.”(日曜日まで渡したらダメだよ)

S__21028878

カードを受け取ったお父さん達の反応が楽しみですね!

AGOカードでスピーキングの練習です

いろいろな質問が書いてあるカードをそれぞれ手に持ち、UNOと同様のルールで同じ数字または同じ色のカードを出し、隣の人に質問をして行きます。

S__21028882

生徒さん1:”What colors are you wearing today?”(今日は何色を着ていますか?)

生徒さん2:”Blue, white, black.”(青、白、黒)

先生:”I am wearing blue, white, and black.”(青と白と黒を着ています)

生徒さん2:”I am wearing blue, white, and black.” (青と白と黒を着ています)

先生:”Perfect!!”(完璧だ!!)

S__21028881

単語だけで答えたり、”Yes””No”のみで答えがちな生徒さん達ですが、先生達は見逃しません(笑)

正しい言い方をその都度教わりながら、ゲームで楽しくスピーキングの練習をしました。

先生と一緒のディナーはリラックスしながら会話も楽しもう!

“I feel like going to the beach!” (ビーチに行きたい気分だなー!)

“Do you like swimming?”(泳ぐの好き?)

レッスンの会話とは違い、オヤツやディナーは先生達とのフリータイムの時間です。

食事をしながらリラックスをして他愛もない会話を楽しめるディナータイムは、特にお互いの事を知るとても良い時間となっています。

“I really miss going to the beach every day.”(毎日ビーチに行っていたのが懐かしいよ)

今日は、フロリダ出身のマイク先生のこの発言からビーチの話に発展し、ハルキ先生からのお勧めで白浜海岸が話題に上がり、みんなで地図を見ながらビーチや海に関する会話や学校ではすでにプールが始まったという生徒さんもいました。

“How long does it take to get there from here?”(ここから、どの位の時間で行けるんだろう?)

“Have you been to that beach?”(このビーチ、行ったことある?)

“Do you like swimming?”(泳ぐの好き?)

今度は、マイク先生とジェームス先生からフロリダのビーチのお話しが聞けるといいね!

一問一答形式のような授業形式ではなく、自然な会話の中にでてくる単語や表現を聞く、理解する、時には自分で答えてみることでこれまで覚えた単語や表現を「自然に会話の中で使う」、この繰り返しの会話の連続が生徒さん達にとってもよい練習になります。

「英語漬け」とよく言いますが、何かを「覚えなくてはいけない」「答えなくてはいけない」という緊張の連続では、英語嫌いになってしまいかねません。

リラックスしながら英語に触れて、会話する楽しさを覚えていくことも時には必要です。何よりも英語で相手と話し合えることの楽しさを実感しながら、「英語漬け」環境で過ごせることが生徒さん達にとって貴重な体験になりますね。

コメント

この記事へのコメントはありません。