キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

今日の様子

凧あげ、サンドアート。真似たり、試したり、自分で工夫してみて成功させよう!

今日は、夏のような汗ばむ陽気で、生徒さんも額にうっすら汗をかきながら元気に来校です。
今日は「オリジナル凧づくり」に「砂でお絵かき」のArts & Crafts(図画工作)の一日となりました。

オリジナルの凧づくりに挑戦!

Today, we are going to make a kite and fly it in the park.

(今日は、凧を作って公園で飛ばします)

S__1916932

先生のお手本を見ながら順番通りに紙を折って凧の型を作ります。 年上の生徒さんが、うまく作れない年下の生徒さんの進んで手伝いをしてくれています。

型ができあがると、自分オリジナル!のカラーリングや絵を描いて凧をデザインしました。

S__1916933

先生:“What is that you are drawing?”(それは何を描いてるの?)

生徒さん:“Flowers.”(お花だよ)

先生:“They are beautiful.”(キレイだね)

生徒さん:“Thank you!”(ありがとう!)

カラフルなそれぞれの個性たっぷりの凧をデザインしたら、今度はSkewers(竹串)をテープで貼って、糸をつけたら完成です。

手順としては単純な作業ですが、「しっかりとテープを貼り付けて、正しい場所に糸を付けられないと失敗してしまう可能性があるよ。失敗すると凧が上手に揚がらないよ。」と先生から説明をされていたので、みんなとても慎重に真剣に作業に取り組みながら、失敗しないようにそれぞれに工夫をしていました。

Do you want to fly your kite in the park?(公園で凧を飛ばしたい?)

先生からの質問に、待ってましたとばかりに
”Yes! Yes, yes, yes, yes!!”(うん!うん、うん、うん、うん!)
と、全員が凧を持って目を輝かせていました。

それぞれのオリジナル・カイトを大切そうに抱えて

“See you!”(またね)

“I’m leaving!!”(行ってきます)

と、一列に並んで公園に出かけて行きました。

S__1916935

先生:”Look at what I’m doing.”(先生のやり方を見て)

と、教えてくれるやり方やコツを真剣な眼差しでしっかりと見て

生徒さん達:”OK!”(わかった)

生徒さん達:“Can I try?”(やってみていい?)

と待ち切れずにうずうずでしたが、 先生からの”OK! Go ahead”(よし!いいよ)の掛け声と同時に、スクールの目の前の大きな公園を、凧を手に走り回る生徒さん達、、、。なかなかうまく飛ばせない生徒さんは他の生徒さんの真似をしながら、最初にもつ糸の長さをかえたり、凧のむきを変えたりと様々に工夫してみます。その結果、、、
なんと、全員が凧あげに成功しました!!

“Wonderful.”(すごい)

“Yay”(やった!)

“Look at me!”(見て!)

S__1916934

自分で作った凧が上がった瞬間のおおはしゃぎの声が公園中に響いていました。

サンドアートで自分オリジナルの絵が完成!?

教室に戻った後は、先週から引き続いておこなっているサンドアートです。凧のとき同様に、まずは下書きに自分のオリジナルの絵を描いていきます。

先生:What is this ? (これは何の絵?)
生徒さん:This is a bus. (バスだよ)、This is a flower.(お花だよ)

などの先生とのやりとりもあれば、生徒さん同士で、

生徒さん:Dark green,please!(深緑のペンをかして)、Would you pass me the glue,please?(接着剤をとってもらえますか?)

等の英語が飛び交いながら、レッスンが進みました。

S__1916936

カラフルサンドを接着剤でくっつけながら絵を完成していきます。
細かいところを筆でパラパラと砂を落としたり、大きなところは一気に手で砂をつけていったりと、
うまく絵を塗っていく工夫をしながら絵を完成させました。

今日は「絵」を書いたり、自分のアイディアや作り方を試行錯誤しながら、工夫するということにチャレンジした1日となりました。
先生や他の生徒さんから真似てみたり、自分で失敗を繰り返しながら学んだりしていきながら、最後に完成した出来栄えや上手くいったときの喜びは、子供達にとっても貴重な体験になりますね。

コメント

この記事へのコメントはありません。