キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

今日の様子

微妙な音の違いを聞き分けられるかな???/友達同士で友情の証のブレスレットを作りました!

フォニックスゲームで音の練習

先生がランダムにホワイトボードにアルファベットを書いて行きます。
生徒さん達は先生が書くスピードと同時にアルファベットの通常音ではなく
フォニックスを大きな声で言って行きます。

それぞれのアルファベットのフォニックスを言えるようになったら、
今度は各アルファベットから始まる「動物の名前」をリズムに合わせて言って行きます。

s__2301955

“D-dog”(ドゥ・ドゥ・オゥ・グ)
“B-bat”(ブッ・ブッ・ア・トゥ)
“C-cat”(クッ・クッ・ア・トゥ)
“F-fox”(フッ・フッ・オゥ・クス)

順番に一人一人言って行くパターンや、
全員で声を合わせて歌うように言うパターンなど、
いろいろな単語を使っていろいろな組み合わせのフォニックスをゲーム感覚で楽しみました。

フォニックスでの聞き取りの成果はいかに???

“Set up 3 tables and 12 chairs.”(テーブルを3つとイスを12個用意して)
“Wash your hands.”(手を洗って)
“Get your water bottles and sit down.”(水筒を持ってきて座って)

みんな、とても楽しみにしていたオヤツの時間です。

先生:”Who wants tea?”(お茶いる人?)
生徒さん:”Can I have some tea, please?”(お茶をください)
先生:”Come and get it yourself.”(自分で取りにおいで)

全員に飲み物が行き渡ったら、今度はいよいよオヤツです。

先生:”Okay, S. Do you want a snack?”(オーケー。Sくん、snack欲しい?)
生徒さん:”Yes, Can I have a snack, please!”(うん。snackをください!)
先生:”Come and get a smack.”smackを取りにおいで)

一瞬、考えてから”No, thank you!!”(結構です!!)と答える生徒さん。

“Snack”(オヤツ)と”Smack”(お尻ペンペン)
の微妙な発音の違いに気づきました。
さっきのフォニックスのレッスンが効いたかな?

今日はその他にゲームとクラフトタイムで楽しみました。

輪になって座って、当たりを引いた”Murderer”(殺人鬼)役の生徒さんが誰かを当てる「犯人当てゲーム」

s__2301958

好きな色の”Yarn”(毛糸)を3色使ってブレスレット作り。“Let’s make a bracelet.”(ブレスレットを作ろう)

s__2301959

s__2301963

友達同士で友情の証、綺麗なブレスレットが作れました!
”Bye, M. Good job speaking a lot of English today. Did you have fun?”
(Mちゃんバイバイ。たくさん英語を話して偉かったね!楽しかった?)

帰り際に先生達から声を掛けられると、笑顔いっぱいに”Thank you! It was fun!!”(ありがとう!楽しかったーー!!)と答えて帰って行く生徒さんに先生達もとても嬉しそうでした。
See you next week!!

コメント

この記事へのコメントはありません。