キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

宿題が早めに終わったら、先生のお手伝い!と、引き続き動物の鳴き声テストです。

“Are you finished with your homework already?”(もう宿題終わったの?)

“Do you want to help us make these?”(これを作るのを手伝ってくれる?)

宿題を早く終わらせた生徒さん達は、ハロウィンの飾りを作る先生達のお手伝いをしてくれました。

“In America, we make our own decorations for Halloween.”(アメリカでは、自分達でハロウィンの飾りを作るんだよ)
“Right now, Mike is making this and I am trying to make this one.”(今は、マイクがこれを作ってて、先生はこれにトライしてるんだけど)
“Which one do you want to make?”(どっちを作ってみたい?)

マイク先生は段ボール箱でロボットのようなかぶり物を、ジェームス先生はサランラップの芯を使った大作を作っています。
出来上がったイメージの画像を見て、みんな”Wow” “Oh my gosh!”と言いながら、どっちを手伝うか迷っていました。

手作りのデコレーション、いろいろなアイディアが浮かんで楽しいですね!!
どんなものができるか?是非期待していてください。

“What do you want to do today?”(今日は何をしようか?)

昨日もレッスンに参加をしていた生徒さんからのリクエストで、本日も”Animal sounds”(動物の声)をやりました。

s__2072599

“Donkey”(ロバ)
“Seal”(アザラシ)
“Seagull”(カモメ)
“Squirrel”(リス)
“Pelican”(ペリカン)

今日は、難しい動物がたくさん登場しました。
みんな、がんばって発言をしていましたが、問題がトリッキーで正解がなかなか出ません。

“Ah! Time’s out!! Nobody got the right answer?”(あー!タイムアウト!!誰も正解しなかったの?)
“Physical challenge!!!”(フィジカル・チャレンジだ!!!)

s__2072601

“Noooooo!!”とは言いながらも、みんな楽しそうに一生懸命「片手ボールトス」「片足立ち」「腕立て伏せ」などの”Physical challenge”をやっていました。

動物の声ってこんなにたくさんあるんですね。

ハロウィンと言えばカボチャの” jack-o’-lantern”(ジャック・オ・ランタン)ですね

アメリカでは、ハロウィンの時期になると、大きなカボチャを自分達で”Carve”(削る)して、ジャック・オ・ランタンを作ります。

作り方や、いろいろなジャック・オ・ランタンの種類を見せてもらってイメージを膨らませたら、今度は自分たちでジャック・オ・ランタンの輪郭の描いてある紙に顔を描いて色を着けました。

生徒さん:“Can I use yellow for here?”(ここに黄色を使ってもいい?)
先生:”Of course you can! Use your imagination and create your own Jack-o’-lantern.”
(もちろんだよ!想像力を使って、オリジナルのジャック・オ・ランタンを作ってごらん)

これからハロウィンに向けて、いろいろなハロウィン工作をすると先生達が話していました。
楽しみですね!!!

コメント

この記事へのコメントはありません。