キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

今日の様子

音楽を聞いて感じたことを絵と言葉で発表。練習した「形容詞」をうまく使って表現できたでしょうか?

カードゲームをしながら“Adjectives”(形容詞)をたくさん覚えよう。

S__1990670

“Happy”(うれしい)
“Sad”(悲しい)
“Angry”(怒り)
“Scary”(怖い)
“Sleepy”(眠い)
“Nervous”(緊張する)

いろいろな形容詞が書いてあるカードを見ながら、先生がジェスチャーを交えてまずは発音の練習をしました。

先生:”Are you angry”(怒ってる?)
生徒さん:”No angry.”(怒ってない)※間違った文法で
先生:”I’m not angry.”(怒ってない)※正しい文法で
生徒さん:”I’m not angry.”

S__1990676

”Are you +形容詞?”
“Is ~ +形容詞?”

などの質問に対して、

“Yes, I am/ No, I’m not.”など、

それに対しての答え方を何度も何度も練習をしました。
別のアクティビティをしている時に先生から不意に

”Are you sleepy?”(眠い?)

などの質問にも、みんなちゃんと答える事が出来ていました。Good Job!!

さきほど習った形容詞を使って、今度は感受性と芸術性を磨くレッスンに挑戦

音楽を聞いて、感じたままに色と絵でその音楽を表現します。

“Listen to the music and draw a picture.”(音楽を聴いて絵を描くよ)
“If you think the music is sad, use sad colors.”(悲しい曲だと思ったら、悲しい色を使って)
“If you think the music is happy, use happy colors and draw a happy picture.”
(楽しい曲だと思ったら、楽しい色を使って楽しい絵を描くんだよ)

S__1990675

先生:“What’s your scary color?”(何色が怖い色だと思う?)
生徒さん:”Black.”(黒)
生徒さん:”I think blue.”(青だと思う)
先生:“There is no wrong answer. Whatever you feel is right.”(間違いは無いんだよ。自分が感じる色が正しいんだよ)

それぞれが紙とクレヨンを手に取り、集中できる好きな場所を選んでバラバラに座り、流れる音楽から感じ取れたものを絵に描いていきます。
音楽が終わったら輪になって座って、今度は自分達が描いた絵の発表をしました。

S__1990677

先生:“OK. Tell me about your picture. Was it happy, sad, angry, or something else?”
(じゃあ、絵について聞かせて。楽しい曲だった?それとも、悲しい?怒ってる?他の感情?)

照れくさそうな生徒さん達でしたが、一人一人がみんなの前に立ち、自分の書いた絵の感情や色を上手に説明してくれました。

Wonderful job, everyone! You are such wonderful artists!!(良く出来ました!みんな、素晴らしい芸術家です!!)

コメント

この記事へのコメントはありません。