キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

生徒さん自身も気づいていない変化が見えてくる

今日は久しぶりに晴れ間が続き、風も穏やかで温かい一日となりました。
汗をかきながらすぐに先生に”Can I go outside today?”(今日は外に行ける?)と質問し、久しぶりの外遊びを楽しみにしていたようです。

“Fun time”(楽しい時間)の前にはまず宿題とトレーニングプリントです

来校したらすぐに”Do your homework.”(宿題をやりなさい)と言われ、生徒さん達お気に入りのロフトに上がって学校の宿題をやります。

“I’m finished!!”(終わった!!)と、あっという間に終わらせる生徒さんもいれば、なかなか終わらずに

先生:”How long more is it going to take?”(あとどの位で終わる?)

生徒さん:”Five minutes!!”(5分!!)

そんなやり取りをスラスラと出来るようになっている生徒さん達の姿を見て、先生達と「本人達は自分の英語力の変化に気づいてるのかな?」と話していました。早めに宿題が終わった生徒さんは、プリントで単語やアルファベットのライティングの練習です。

S__1900573

“Who wants to go to the park?”(公園に行きたい人?) ゲームで体を使いながらいろんな色を覚えます

“Yeeeeeeeeeees!”(はーーーーーーーい!)

久しぶりの”Outside time”(外遊び)に大はしゃぎの生徒さん達でした。

お揃いのビブスを身に着け、一列に並び、いつものアウトサイドルールの確認をして

”I’m leaving.”(行ってきます)

“See you!”(また後で)

と、元気に出かけて行きました。

S__1900577

“What color do you like?”(何色が好き?) アメリカ版「色鬼」をして遊びました。

S__1900576

みんな:”What color do you like?”(何色が好き?)

鬼:”I like light blue.”(水色が好き)

鬼の好きな色を聞いたら、その色の物を急いで探します。

“I like ~.”(○○が好き)と好きな色を言うと同時に鬼がみんなを捕まえに走って来ます。

鬼が発音した好きな色を探している間に鬼に捕まったら負けなので、みんな走り回りながら色を探します。

S__1900575

“Light blue.”(水色)を上手に聞き取れずに青い物を触っていた生徒さんは鬼に捕まってしまいました。

生徒さん:”No. This is blue.”(だって青だよ)

先生:”I said light blue. Not just blue.”(水色って言ったんだよ。ただの青じゃないよ)

生徒さん:”Noooooooooo… One more time please.”(えーーーーーー。もう1回やろう)

“Red”(赤)、“Blue”(青)、“White”(白)

のようなシンプルな色だけでなく、”Sky blue”(水色)や”Lavender”(薄紫)などの少し難しいパターンも登場しました。
みんなで”Here!”(ここ!)”This is lavender”(これが薄紫だよ)などと声を掛け合いながら楽しい時間を過ごしました。
生徒さん自身でも気づいていないリスニング力のアップや、自然と英語が出てくるスピード感などの変化が徐々に見えるようになってきました。

通い始めて2〜3ヶ月経ってくると、それまでにずっとリスニングをして吸収してきた英語を徐々に話すようになってきます。遊びやゲームや何気ないやりとりの中で、今まで自信なさげに答えたり、自分からは出てこなかった単語を急に使ったりすることがあります。
テキストを1〜10の順に「覚えさせる」ことは簡単ですが、それではなかなか「自然とでてくる英会話」のようにはなりません。「覚える」だけでなくいかに「身に付いているか?」勉強というスタイルを強制しなくても、言葉としての「英語」はいろんなシチュエーションで身についていくものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。