キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

今日の様子

ゲームや繰り返しの中で、表現の幅を広げていきます。

今日はレインボークレヨン作りに挑戦しました。好きな色を選んで自分だけのクレヨンを作ろう!

「真似る」から、たくさんのことを学べます。

生徒さんから”I want to go outside!”と声もあがり、まずはみんなで公園に出かけました。
S__1802243
公園に向かっている途中も、先生に”Let’s find 1 brown dog and 3 shells!”と指令が出て、みんな真剣に探します。“I find one brown dog!”と生徒さんからの発言があり、”find”じゃなくて”found”だよと過去形に直しながら公園に向かいます。
その後は、茶色のワンチャンを見つけたときには”I found one brown dog!”とすぐに吸収できました。先生の言葉、表現を真似していきながら、最近では以前より長いセンテンスで喋れるようになる生徒さんが増えてきたように感じます。「真似る」ことから言葉というのは覚えていきます。その吸収力の凄さは先生たちもびっくりです。
S__1794083S__1802244
いざ公園に着いてFreeze Tag開始!オニの先生に”Catch me Mr. James!”と挑発しながら駆け回り、捕まえられたら仲間には”Touch me please!” “Come here” “Help me”と伝えたりと、大盛り上がりでした。そんなこともあってか、公園で遊んでいた他の子供達も”catch me~”“Come here!”とゲームに参加してきました(笑)。
英語で話すというルールにない子供達も、いつの間にか「真似る」ことで、言葉をいつの間にか覚えているようです。遊びの中では、真似ることで表現を覚えていけるシチュエーションが沢山あります。子供達の得意技「真似る」は、英語習得のための一番の早道ですね。

カードゲームで表現の幅を広げよう!

配られたカードを一斉に出して、一番強いカードを出した人が勝つゲームそれが「High and Low」ゲームです。だれが一番の強運の持ち主でしょうか?
S__1802247S__1802248
”What’s your card?” と先生からの質問にそれぞれ答えていきます。

“This is a ~”
“My card is a ~”
“I have a ~” 等

同じ表現でも、いろいろな言い方があるのを、先生も混じりながら教えていきます。またMy card is higher than yours.等の表現、High やLow などのよく使う反対語の使い方も一緒に覚えていきました。
“What is the biggest number?”と聞かれると、 “It’s Ace!”と誰が勝ちか負けか先生に伝えてくれました。比較級の言葉の使い方もカードゲームを通じて、徐々に覚えていけるとよいですね。
生徒さんも、先生に勝った時は、”I won”と言い、先ほどのfind からfoundに直された生徒さんも、しっかりと間違えを修正できることが確認できたりと、楽しみながらもたくさんの表現を覚えることのできた時間となりました。
カードゲームはルールや繰り返しが多く、同じ表現を覚えるためによい練習となります。例えば、It’s my turn.などは毎回でてくるので、生徒さんも固定の表現はすぐに覚えていきます。また、その表現を別の言い方でも言えるように先生も意図的にいろいろな言い回しを使い、同じ意味を「違う言い方」で言えるようにするレッスンにもなり、「表現の幅を広げる」ことができやすいのがカードゲームの特徴です。

自分だけのレインボークレヨン作りをしよう!

続いては、レインボークレヨン作りを行います。“What color do you want?”との質問に “Can I have pink, purple, green and dark pink, please?”と先生からクレヨンを貰い、製作に取り掛かります。
S__1802250S__1802251S__1802252
“Break your crayons!”と声がかかり、“It’s really hard” “Help me please”と言いながらもみんなどんなものができるのか?とワクワクしながら折ることができました。クレヨンが溶けていくのを見ながら”It’s melting!” “Looks good”とキラキラした表情で先生に話しかけてくれました。完成すると喜んでカバンの中にしまい、帰って行きました。

コメント

この記事へのコメントはありません。