キッズパスポートでは、平日の通常レッスンの無料体験の参加を受け付けております。

今日の様子

こわ〜〜〜いお話。。。

Where is ~? He is at~~

昨日に引き続き、カードを使ってゲーム形式で学んでいきます。
“Where is ____?”(○○はどこにいる?)
“He/she is at (the) ____.”(彼/彼女は○○にいます)

“Hospital”(病院)
“Home”(家)
“Train station”(駅)
“Store”(店)
“School”(学校)
“Restaurant”(レストラン)
“Work”(仕事)

“Scary story”(怖い話)・・・のはず

マイク先生が作ってくれた怖い話を、雷の音や点いたり消えたりする電気の演出と共に”Story time”(お話の時間)に披露してくれました。

“Home alone”(家にひとり/留守番)

“It was a dark and stormy night.”(それは暗い嵐の夜でした)
“I was home alone and in bed when I saw something scary outside my window.”
(一人で留守番をしていた時にベッドの中から外を見ると窓の外に何か恐ろしい物が見えました)
“Who’s there!”(そこにいるのは誰!)
“I shouted!!”(僕は叫びました!!)
“There was no answer.”(しかし、答えはありません)

大きな声やささやく声で抑揚をつけて、アクションをつけながらマイク先生がストーリーを話しています。
子ども達は真剣に聞いています・・・が、怖いお話のはずなのに笑い声。

どうやら、マイク先生の話し方やアクションが面白く感じたようですね(笑)
”What’s a scary story?”(Scary storyって何?)
“Is it a happy story? Is it a sad story? Or, is it an angry one?”(楽しいお話?悲しいお話?それとも、怒ってる?)
“What does home alone mean?”(Home aloneってどういう意味?)
“What’s a window?”(Windowって何?)
“Why was I scared?”(なんで僕は怖がってたの?)

お話の後の先生からのストーリーに関する質問を聞いて、みんな良く手を挙げて発言をしていましたね。
正解だったら”Very good!”(良く出来ました!)
おしかったり、間違ってしまったら”Nice try!”(良くチャレンジしたね!)
“One more time!!”(もう一回!!)と先生にストーリーをせがむ生徒さん達もいて大盛況!
また、明日もお話してくれるかな?
楽しみですね。スピーチコンテストのショートバージョンのような形でみんなにもチャレンジしてもらうので、アクション付きでこわ〜〜くなるように話してね!

コメント

この記事へのコメントはありません。